2016.December(12).10-Attention on the interpretation.本文における誤解
 ホワイトピープルについては、彼らはグレイに守られています。彼らの記憶には異性人の記憶がありませんし、当人が気にすることはありません。周りが気にすることも無い。しかし、人間を殺すという思考がDNAとして存在されるので、そのことをキープしておいてほしい。彼らの影響で世界戦争や人類大量殺人兵器が世に出されているのは知っての通りです。ブラックヘアーといえども、ホワイトピープルと交配をしていればDNAは拡大するのです。(ここまで)
 僕が死亡した以後の世界は分かりませんので予言はできません(未来の自分が見た世界を透視して現在時間内で語るだけだからです)。僕の予言は悪い現象(歪み)を回避するための目的で、特に「恐怖の~」という前置きには注意して、外れてほしいのです。はっきりとした予言をすると、結果がリアルタイムに変わって見えるので、遠回り(難解な)にしか言えませんが、確実に危険なことははっきり予言します。そういう予言が現実にさせたくないのです。(以上)
 はるか昔、異星人らしき声が頭に入ってきました(これって、テレパシーなの?)それは「我々は、核エネルギーのコントロールに失敗した!」です。国連で「原子力発電禁止条約」が設立され、代価エネルギーが開発される未来を希望いたします。

2016.Auguest(8).21
 喜んでいいのか正確な感情表現は回避して、今見えるものを語りたいともいます。
 21世紀における核戦争は回避されています。今のところ、核戦争は起こりえないということです。これは、アメリカ民主党オバマ大統領の影響が大きい。しかし、核戦争の恐怖が完全に消えたわけではありません。むしろ、もっとも恐ろしい世界戦争がおこりうるかもしれません。

 亜空間飛行(異次元飛行)ができる時代が近づいてます。これは、XYZの座標とTの4つの座標地点へ飛行する技術です。XYZを火星にしTをZeroにすれば、火星に移住は可能です。最初はXYZ座標を現地点の固定座標計算をし、Tをマイナス座標にしてジャンプするのです。これは、今で言うタイムトラベラーといいますが、「亜空間飛行」が正解です。反重力エンジンが開発されれば、先の技術はそれほど難しくはありません。無重力空間に重力を持たせるエンジンですから。
 UFOというのは亜空間飛行船です。宇宙を旅してきたわけではありません。宇宙人はグレイといいますが、人造人間(ミュータント)で異世界の人類の記憶を持ってます。
 この惑星は、もともとアフリカ人・インディアナ人(ブラックヘアー)が中心で今現在は、まだ発展途上の世界のはずでした。ホワイトピープル(金色ヘアー。突然変異にしては人口が多い気がするので、ありえない)は地球人の遺伝子に異世界の人類の遺伝子を組み込んだ、あるいは異性人の人類の可能性があります。彼ら(ホワイトピープル)は凶暴で、人が人を殺すDNAを持ってます。彼らの思想は、もともとこの惑星の人類に悪影響を与えた。罪なことをされたのです。それを、観察してどう防ぐのか?研究をしてるのでしょう。
 はじめはインディアナ人に高度な文明を遺伝させたのですが、全て失敗しました。そこで、ホワイトピープルが現れた可能性があります。
 異星人はグレイを通して、ホワイトピープルとコンタクトをとり仲良くなる仕組みをあらかじめもっており、アメリカ人がその的です。アメリカ人は、本来この惑星にいた人類も共存しているので、悪夢を回避できる可能性を見出す事、乗り越えたり回避したりできると思っているのです。しかし、結局は人類は破滅します。時間が延びただけで、人間には避けられません。大統領の力でなく人々の力から、こういう現象が強行して起こるのです。


2016.March(3).25
 平和安全法が29日に施工される。アメリカの大統領選挙では予測想定外の共和党大統領が誕生するでしょう。これについては、特に問題視することはない。問題発言があっても、大統領本人に跳ね返ってくる様の人物だからだ。
 世界大戦は中東の対テロ戦争が終結するまでわからない。たぶん、ノストラダムスの予言詩に書かれている通りだと思う。彼の予言は、今現在も的中している!
 日本の首都に核攻撃は起こらないと予言する。どうやら、違う結果を私は見たのかもしれない。
 ただ関東地方で長期間の間、人が住めない状況になる可能性は、否定できない。根拠として、太平洋プレートのゆがみが21世紀初頭から中間時期まで起こりうることである。人工地震にしろ、自然発生的にしろプレートのゆがみは人間の力ではコントロールが不能である。


2015.09.28
 予言通りに『安保法制成立』 ~その後について、ここで考える~
クローズアップされるのは、軍事関連の話が多い。特に、集団的自衛権が、使い勝手や活動範囲において「憲法9条」から「明らかに反するよな、コレ!」となれば、憲法98条の出番、最高裁判事の決断。
しかし、メディア報道は危険性を警告する内容や、それに答える政府の内容も問題であるが...
日米同盟強化によって日米経済摩擦が軽減される良い面もあるかと思う。つまり、TPPですね。これを、日本の優位にアメリカを持って行けると言う事です。よって農業・保険その他多くの対米デメリットが軽減できる期待がある。
長い目で見て、小さな島国・日本の軍事拡大はマイナスなんですね。味方に立っていた国が、日本を毛嫌いする国も出てくる。すると、その国に対してさまざまな投資も鈍くなってしまうのだ。
中国・ロシアは敵対関係になりそうだが、一部の中国自治国はそうではない。中国の中にも日本の味方もいるのです。しかし、その国も味方になってくれなくなる事態になるだろう。親日の中国自治国に、より強い圧力をかける。それが、日本のせいだと分かる。
世界大戦が始まれば、首都に超原子爆弾投下で日本の人口の2/3が消えますね。それで終わり。それ以上、日本に攻撃しても爆弾がもったいない。1億円以上のミサイルなので、日本は一発で十分でしょう・・・と、バカにする敵国。

 今は、悪く見るマイナス思考より良い方向を祈るプラス思考で考えるしか、手段が見つからない。

Posted by 田島聖司